リードメール 記事一覧

リードメールという、広告メールを受信して稼ぐサイトの紹介です。最近注目の在宅で内職・副業サイトです。

リードメールとは?

他の在宅で内職・副業サイトとは一味違ったリードメールについて説明と、各サイトのごとの表の見方の説明です。

リードメールとは?

リードメールとは、海外から入ってきた比較的新しい宣伝媒体です。日本で始まったのが2003年〜2004年くらいですので、認知度も余りありません。海外にもリードメールはありますが、このサイトでは日本語リードメールについて解説します。

リードメールの特徴

多段階の紹介制度

なんと言っても多段階の紹介制度でしょう。例えば、通常の内職・副業サイトでは、1人紹介するごとに○○ポイント、もしくは紹介者の獲得ポイントの半分、と言う感じです。

ですがリードメールの場合は、紹介者の獲得ポイントの○○%、紹介者の紹介者の獲得ポイントの○○%…という風になっています。例えば流石めーるなら20%-2%-1%となっていて、3つ下の紹介者の獲得ポイントまで、あなたの報酬になります。
こう聞くと、ネズミ講ではないのか?と思う人もいるかも知れませんが、最初に説明したとおり、参加費がかからないので、ねずみ講ではありません。

単価は安いが低額から支払い可能

これもリードメールの特徴の1つで、単価が非常に安いです。通常0.25円あたりですが、低いところとなると、0.1円と言うリードメールサイトもあります。これは個人の方が広告主となっているので、しょうがないのかもしれません。

ですが、中には100円から換金、と言うサイトもありますし、広告メールが1日に20通も30通も来るリードメールサイトもあります。

広告閲覧時間と数字認証

リードメールは普通の広告メールと違い、決められた時間の間、広告を見なくてはいけません。と言っても、必ずしも見なくてはいけないわけではなく、たむも興味のあるものしか見ません。

そして、広告をちゃんと見てもらう工夫のひとつに、数字による認証があります。これは実際にリードメールに登録してもらえれば分かりますが、広告を見る前に数字による確認があります。(ないサイトもあります)

閉鎖の危険性

実はリードメールというのは、主に個人の方が運営しているので、閉鎖の危険性が企業運営のポイントサイトに比べて高いです。閉鎖の危険性を理解して、リードメールに取り組んでくださいね。

まとめ

リードメールは低額から支払ってもらえるけど、閉鎖の危険性は企業運営のサイトに比べて高いです。換金できるかどうかを考えて、効率よく内職・副業活動に取り入れれば結構稼げますよ。

流石めーる

流石めーる
最低支払額 紹介報酬 メール単価 PTC単価 登録ボーナス オススメ度
500円 20%-2%-1% 0.25円〜 0.1円〜 なし ★★★★★

記事本文へ:流石めーる

Prize-Prize(プライズプライズ)

PrizePrize
最低支払額紹介報酬メール単価PTC単価登録ボーナスオススメ度
500円10%-5%1円〜0.5円〜なし★★★

記事本文へ:Prize-Prize(プライズプライズ)