タブブラウザを導入しよう

Windowsを使っている人は、特に変更が無ければInternetExplorerを使っていると思います。InternetExplorerは新しい画面を開くと、別のウィンドウが新たに開いて邪魔くさいと思う人もいるかと思います。

そこで、1つの画面で複数のウィンドウが表示できるタブブラウザを導入してみましょう。

タブブラウザのダウンロード

タブブラウザにも種類がたくさんありますが、ここでは私の愛用しているSleipnir(スレイプニル)について説明します。
なお、インターネットエクスプローラー7.0をインストールしている方はすでにタブブラウザなので、無理にSleipnirをインストールしなくても構いません。

Sleipnirのダウンロード

こちらのページのFree Downloadからダウンロードできます。ダウンロードが完了したら、ダブルクリックをしてインストールをしましょう。

Sleipnirの特徴

たむがSleipnirをオススメする理由は以下のとおりです。

  1. 動作が軽快です♪2002年製のノートパソコンでも軽快に動きました。
  2. インターネットエクスプローラーを基に作られているので、なじみやすい。
  3. 高いカスタマイズ性があります。etc...

Sleipnirのインストール方法

インストーラー版をダウンロードしたら、画面の指示に従って進めてください。Geckoエンジンと、RoboForm(有償の自動ログイン機能)は特に必要ありません。

Sleipnirの使い方

最初、タブの切り替えが分からないと思います。上部にある、見たいページにあたるタブをクリックすると、切り替わります。

また、右クリックを押したままマウスを左に動かすと、ブラウザの「戻る」と同じ動作が出来ます。このような動作は、「ツール」→「Sleipnirオプション」(ショートカットキー:F12)にある、「ユーザーインターフェース」→「マウスジェスチャ」で設定することが出来ます。

Sleipnirのショートカットキー

代表的なものは、タブの上にマウスカーソルを合わせて右クリックをするとメニューが現れて、右の部分に「Ctrl+*」などと表示されます。他はほぼインターネットエクスプローラーと同じです。

今はまだ便利さが感じられないかもしれませんが、数々の在宅で内職・副業サイトに登録していると、その便利さが身にしみると思います。

その他のタブブラウザ

代表的なタブブラウザとしては、Lunascapeと、FireFoxがあります。

気になる方は、使い心地が気になる方は、いろいろと試してみるといいですね。