メールアドレスを晒しちゃった

電子メールアドレス、"Eメール"や単に"メール"とも呼ばれますが、このメールアドレスはインターネット上のホームページや掲示板、 またはブログに晒してしまうと、迷惑メールが来るようになります。

メールアドレスをインターネット上に公開するデメリット

たむは、いまだによくやってしまうのですが、掲示板に書き込む際に間違ってメールアドレスを入力してしまうのです。 これはWindowsの機能の1つである"オートコンプリート"と呼ばれる機能が原因で、間違って入力したまま掲示板に投稿してしまいます。 しかもそういうときに限って、掲示板に投稿した内容を変更できなかったり…。

じゃあこのオートコンプリート機能を切ってしまえばいいのでは?と思うかもしれませんが、 このオートコンプリート機能はないならないで不便です。

話がそれましたが、具体的なデメリットを書いていきたいと思います。

迷惑メールが来るようになる

これが1番のデメリットでしょう。インターネット上にメールアドレスを公開すると、ドンドンと迷惑メールが来るようになります。 そしてそれは減るどころか、増える一方。しかも、解除の案内が書かれていて、その通りに解除してもまた来ます…。

迷惑メールがくる原因

これは、インターネット上に公開されているメールアドレスを、自動で収集するロボットがいて、 そうやって集めたメールアドレスに迷惑メールを送信しています。ただそのロボットは、画像で書かれている文字は読み取れません。

IDがばれる

これはほとんどの無料メールサービスが当てはまると思いますが、メールアドレスに使用している文字列は、 ログインIDと同じだったりします。つまり、ログインするための情報の1つであるIDがばれてしまうことです。 もちろんパスワードがばれない限り、たいしたことではないです。

迷惑メール対策

迷惑メールを対策するには、やはり安易にメールアドレスを掲示板に書き込まない様にしたほうがいいでしょう。 これが1番の対策だと思います。

また、短い文字列のメールアドレスも迷惑メールが来る原因になります。

短いアドレスだとなぜ来るのか?

これは、例えばYahoo!のフリーメールだと、"***********@yahoo.co.jp"というアドレスですが、 "*****"の部分を総当りで文字列を作成し、送信しているのです。あと、英単語や日本語のローマ字化も止めた方がいいでしょう。この場合は、 数字をうまく織り交ぜることで迷惑メールが来づらくなります。

無料のメールフォームを使う

これは主にホームページ運営者向けの情報ですが、インターネットには無料で使えるメールフォームがあります。 これらは自分のメールアドレスを公開することなくやり取りが出来るので、迷惑メールにうんざりしている人はぜひ使っていましょう。

代表的な無料のメールフォームは以下の通りです。