ブログ削除の憂き目にあう

それは西暦2007年7月15日のこと。登録していたあるブログサービスのアカウントにログインしようとしたところ、なぜかログインできませんでした。

「あれ?パスワード間違えたかな?」と思ってパスワードを入力しなおしても全く駄目。

これは変だ!と思って、作成したブログのアドレスに行ってみると、表示されないではありませんか!

ログインできない、ブログが表示されない、この2つから導き出された答えは、アカウント削除という答えでした。

規約を読んでいなかった

何でブログが削除されたんだろう?と規約の方を見てみると、そこには、デフォルトの広告削除禁止の項目がありました。その削除されたアカウントのブログは、少しカスタマイズしていて、その時に誤って広告も削除してしまったのが原因のようです。

幸い、そのブログアカウントでは、ほとんどサイトを運営していなかったので被害はないに等しかったです。

最近あちこちでブログが削除されたなどと聞きますが、まさか自分のブログが削除されるとは…^^;

まあ無料で使わせてもらっているので、文句は言えませんね。

ブログ削除を回避するために

いくつか回避方法がありますので、何らかの対策を覚えておいたほうがいいです。

規約に反しない

ブログの強制削除を回避するには、やっぱり規約にはちゃんと目を通した方がいいでしょう。

記事のエクスポート

また、万一ブログを削除されても大丈夫なように、書いた記事をエクスポート(テキストファイルに書き出すこと)をしておいたほうがいいと思います。

ほとんどの無料ブログにはエクスポート機能が付いていますので、それを使ってテキストファイルに書き出しておきましょう。

インストール型ブログを使う

例えばこのサイトは、MovableTypeというレンタルサーバーにインストールして使うタイプのブログを使っています。このインストール型ブログの利点は、規約がレンタルサーバーの規約のみという点です。

ブログを作ってもだれかに強制的に削除させられるという危険性はほとんどありませんので、ブログ削除におびえることなく、サイトの運営をすることができます。もちろんその分、管理すべきことは増えますけどね。

edit