ValueCommerce(バリューコマース)の解説

最低支払額 1000円(サブサイトの報酬合算不可)
支払先 各種銀行
提携審査 厳しい
複数サイト登録 可能
オススメ度 ★★★★★

ValueCommerce(バリューコマース)に登録しよう

ValueCommerce(バリューコマース)は、1999年に始まったアフィリエイトで、業界でも1番の老舗です。Yahoo!の関連広告を掲載できる、ただ1つのアフィリエイトです。その分、提携審査が厳しいかもしれません。

ValueCommerce(バリューコマース)の登録はこちら

雑感

アフィリエイトの老舗だけあって、広告主の質、数ともに素晴らしいです。管理画面は、昔はつながりにくくとても使えるものではありませんでしたが、最近は非常に使いやすくなっています。

広告

ValueCommerce(バリューコマース)は、広告掲載許可が降りたサイトごとに、広告の申請をします。

ValueCommerce(バリューコマース)が便利だなーと思うことの1つに、関連するサイトなら新たにサイトを登録しなくても広告が貼れるというのがあります。

これはどういうことかというと、普通のASPだとドメインごとにサイトを登録しなくてはいけませんが、ValueCommerce(バリューコマース)なら、関連するサイトのURLをサイトの説明文に加えていくだけでOKです。(パートナーサポートページ参照)

ですので、ある育児のサイトを持っていて、それに加えて育児のブログにも広告を貼りたいなら、サイトの説明文に育児ブログのURLを加えるだけで広告が貼れるということです。

ちなみに、育児のサイトで許可が下りた広告を、クレジットカードのサイトに貼ってはだめです。

ジャンルとしてはほとんどそろっています。登録したサイトのカテゴリーに応じて表示されない広告もありますので、異なるジャンルのサイトをいくつか登録してみましょう。

広告スペース

これがバリューコマースを更に分かりにくくしているかもしれません。広告スペースとは、ページに専用の広告枠を作る、と言うようなイメージです。その広告スペースに広告リンクを当てはめて使います。

ですので、同じ広告でスペースを複数作成して、広告を貼る位置によってクリック率や成約率を調べることができるという便利な一面も持っています。

CSVファイルの提供

特定の広告主は、Myリンクのリンク先、画像ファイルのリンク先、商品名、商品説明文などを、CSVというファイル形式で提供しています。このCSVファイルは、エクセルで編集が出来ます。

ValueCommerce(バリューコマース)の報酬受け取り情報

確定した報酬は月末に集計して、5000円を超えている場合に翌々月の15日に支払われます。

ただ、登録サイト同士の報酬は合算されません。 報酬受け取りにかかる手数料は以下のとおりです。

振込み手数料

振込先がUFJ銀行の場合
振込金額が3万円未満・・・94円
振込金額が3万円以上・・147円
振込先がUFJ銀行以外の金融機関の場合
振込金額が3万円未満・・252円
振込金額が3万円以上・・288円
ジャパンネット銀行の振込手数料
  無料

手数料無料になりました。

報酬受け取りシミュレーション

登録サイトAで確定報酬500円、登録サイトBで確定報酬100円だとすると、合計で600円です。

ですが、登録サイトごとに報酬の支払いが行われるので、Aサイトはあと500円、Bサイトはあと900円の報酬が必要になります。

総評

登録して管理画面にログインしてもらうと分かりますが、非常に読み込むのに時間かかります。そして、広告スペースがまたややこしく、登録サイトごとの報酬合算も出来ません。
2006年12月のリニューアルにより、管理画面の動作が軽快になりました。また、広告スペースの作成もワンクリックできるようになっています。

Yahoo!ショッピングをはじめ、成果につながりやすい広告主が多いです。ぜひとも提携しておきたいアフィリエイトの1つです。

2008年5月21日にメールにて、手数料無料と最低支払額が1000円への引き下げの通達がありました。最低支払額の高さで敬遠していた人もこの機会にぜひ登録してみてください。

ValueCommerce(バリューコマース)の登録はこちら

edit