アドセンス攻略~広告掲載と記事について

このページでは、どうやって広告掲載したら収入があがりやすいか?

また、どういった記事を扱ったほうが収益を上げやすいか?アクセスが集めやすいか?をご紹介します。

コンテンツに溶け込ませるとクリックしてもらいやすい

まずはどうやって広告掲載したらいいのか?ということですが、1つは背景と溶け込ませるとクリックされやすい傾向にあります。

この根拠としては、僕の持っているデータがそのようになっているからです。

カラーパレットを活用する

背景に溶け込ませるというのは、つまり背景色と同じ色にするということです。

この文が掲載してされている部分は白なので、ここにアドセンスを載せたいなら、背景色は白、ということになります。

リンクであることを、色を使って明示する

もう1つは、サイト内のリンクの色を統一することです。通常、特に設定を変更していないなら、リンクを示す色は青かと思います。アドセンスのリンク色を青にすると、「これはリンクなんだな」とわかってもらえるでしょう。

もちろん、リンクの色なんていくらでも変更できますので、掲載予定のサイトのリンクに合わせます

以上の背景色とリンク色は、アドセンスのコード作成画面である「カラーパレット」で設定が可能です。

記事によっていろいろ変わる

記事の書き方よりは、サイトのジャンルによって収入額やアクセス数が変わってきます。

僕の経験だと、以下の通り。

アクセスの集まりやすい記事

  • 時事ネタ
  • アニメ・マンガなどのサブカルチャー全般
  • 芸能人関係
  • how to系記事
  • などなど

時事ネタはかなりアクセスを集めやすいです。今(2009年5月)なら、新型インフルエンザなどです。

クリック単価が高いジャンル

  • 投資全般
  • 金融全般
  • お金を稼ぐ系
  • 資格関連
  • 転職・就職関連
  • などなど

僕の場合、多ジャンルにわたってサイト展開をしていないので、以上が体験に基づくものになります。

そしておそらくですが、化粧品関係は単価が高いと思います。化粧品業界は広告費があほみたいに高いので。

クリック単価が低いジャンル

  • アニメ・マンガなどのサブカルチャー全般
  • CD・DVDなど
  • などなど

こちらも事例が少ないですが、傾向としては、アフィリエイト報酬が安い業界は、総じてクリック単価も安い傾向にあると思います。

edit